車をぶつけてしまいヘコミを作ってしまった場合、ご自身で修理できないかと考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、ご自分で車のヘコミを修理する簡単な方法をご紹介いたします。結果としてうまく行くかどうかは、やり方次第のところもありますので、参考として活用ください。

 

用意する必要なアイテム

用意するアイテムは2つあります。髪を乾かすのに使うドライヤーとパソコン部品に吹きかけてホコリを取るエアダスターというスプレー缶タイプの商品です。ホームセンターやカー用品店で販売していますので、是非準備ください。

 

熱と冷却で習性を利用する

手順としましては、車のヘコミ部分にドライヤーを当て手で触ると火傷するくらいと思うまで熱し続けます。熱を十分に与えたところで、今度はエアダスターを逆噴射します。すると、暫くしてみるとヘコミが直ることがあります。逆噴射は通常噴射と違い、低温の空気を放出しますので、金属の形状記憶という習性を熱と冷却によって利用します。

 

未知数な通用性

どの程度のヘコミまで通用するかは未知数な部分があります。年代物のヘコミに関してもどれだけ通用するのかも分かりません。これをやれば専門業者に頼んだ場合と同じようにキレイにヘコミを直せるわけではありません。そういう部分も考えた上で実践してください。

 

簡単な修理法を紹介しましたが、やはりプロへ依頼するほうが安心して愛車を任せることができます。経験からくる技術により、見た目のキレイさが違います。
車の傷やヘコミの修理を行なっているカーブンブン所沢店では、埼玉県所沢市はもちろん、狭山市や東村山市、東大和市からのお客様も大歓迎いたします。ご自分で対処できないヘコミにお困りでしたら、真心を込めたサービスにてお客様が満足できるよう努めさせていただきます。